銀河鉄道の夜

銀河鉄道の夜 


クレオンと乳母とメデイア.jpg

メディア


イスメネー.jpg

アンティゴネー


曾根崎 画像(修正).JPG

曽根崎心中


イワーノフ

アントン・チェーホフ

ストーリー

ストーリー


iwanof1.jpg
私にしたってあなたのことがわからないし、あなただって私のことがわからない、いや私達は自分のことさえわからないものですよ。


人生に絶望し、やる気をなくしているイワーノフは、
彼を愛し彼の為に両親を捨てた病気の妻、その妻の病因が彼女を大切にしようとしないイワーノフ自身であると彼を責め続ける医者、不平屋で皮肉屋の叔父、金儲けの話を持ちかけてばかりの管理人に囲まれて生活している。

ある日、お金を借りに親友の家を訪れたイワーノフは、彼に恋をし、立 ち直らせようと情熱をもやす親友の娘サーシャに告白され、人生をやり直す希望を抱く。
だが、彼をおいかけて来た妻アンナは、二人の抱きあう姿を見て気をうしない、やがて死んでしまう。

サーシャとの結婚当日、現れたイワーノフは、結婚を取りやめにして欲しいと懇願するが、サーシャは断固として聞く耳を持たない。

イワーノフは立ち上がり、「昔の イワーノフが語り始めたぞ」と言い、ある行動を起こす。

出演者

出演者

イワーノフ
  藤井 宏次

アンナ
  後藤 小百合

ボールキン
  一柳 潤

シャベーリスキー
  竹内 浩一

サーシャ
  槐 奏子

レーベジェフ
  柿沼 慶典

アブドーチャ
 滝浪 陽子 / 岡崎 朋代

ジナイーダ
  滝浪 陽子 / 岡崎 朋代

ババーキナ
  中島 陽子

リヴォーフ
  芹沢 耕太郎


当日のキャストはこちらからご覧下さい→【 出演者情報 】







登場人物相関図

登場人物相関図

sokan_iwa.jpg

東京ノーヴイレパートリシアター付属第1スタジオ

2008年春、東京ノーヴイレパートリーシアターから新たな試みとし て「東京ノーヴイレパートリシアター付属第1スタジオ」が誕生しました。
「スタジオ」とは、スタニスラフ スキーシステムにそって俳優を教育し、公演と云う実践を通して才能を開花させ、育成していく場です。

チェーホフ全集の中には、『喜劇』と『ドラマ』2つの『イワーノフ』 が存在します。
スタジオでは、芸術監督であり、演出のレオニードアニシモフの考えにより、1、2、 3幕は『喜劇』、4幕は『ドラマ』の台本を使っています。

ページの先頭へ